2013年 08月 22日
花火 (悪条件下で知るカメラボディの性能差)
この日の撮影は、撮影場所と花火大会の距離がありました
APS-Cフォーマットで400mm以上の望遠が欲しいくらいの距離でした

我が家の最大望遠は200mmなので、
x1.4のテレコンバータと、APS-Cフォーマット(D7000) でx1.5(35mmで撮影し後でトリミングするよりこっちの方がクリアな写真が撮れると思った) = 420mm相当で撮りました

シャッターボタンを手で押したせいの(D7000用のレリーズコードを持ってない)ブレもありますが、去年D700で撮って(200mm or 280mm)トリミングした方がクリア感が残っているように思える結果に。(こちら)と(こちら

写真はレンズで決まると思っていましたが、
ボディーも大切なんですね

センサーフォーマット(35mm or APS-C)
フォーカス性能(AFモジュールの違い)
普通に使った時の手ぶれのし難さ(ボディの重量、大きさ、剛性など)
などなど

D700 と D7000 の 0一つ違うことの意味を実感

b0182056_0274461.jpg

b0182056_0274847.jpg

b0182056_0275019.jpg

b0182056_0275417.jpg

b0182056_0275640.jpg

b0182056_0275816.jpg

b0182056_028157.jpg

b0182056_028449.jpg

b0182056_0281163.jpg

[PR]

by qramo10 | 2013-08-22 00:05 | 鎌倉散歩


<< D7000 → D7100      D7000 画像の眠さ、、、ま... >>