<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 28日
あと1回
奥さんの抗がん剤治療の7回目終了
残りあと1回となりました

今日のような暖かい日がもう少し、年末まで、続きますように



病院の前の花やさんでかわいいデイジーを見つけ、退院の日に買って帰ろうと決めてました
たくさんあったのに退院のときは2つしか残ってなくて
一つだけ選ぶのがかわいそう、105円なんだから2つとも買って帰ればよかった

家で鉢植えしながらよく見てみたら、花の形が○じゃないようです
微妙〜
b0182056_1233132.jpg



ベランダのミニ薔薇が元気です
b0182056_1233823.jpg



[PR]

by qramo10 | 2010-11-28 12:10 | その他
2010年 11月 24日
午後の紅茶
何年ぶりだろう
思い出せないくらい久しぶりの
Afternoon Tea

キハチのケーキおいしゅうございました

(奥さん撮影)
周りのソースが美味しいのにびっくり
b0182056_17455137.jpg


上が紅茶ポット下がティーカップなんですよ
b0182056_17455410.jpg


[PR]

by qramo10 | 2010-11-24 17:43 | その他
2010年 11月 23日
秋から冬へ
雨上がりの日差しに透けて輝く葉や花たちを
イメージ通りに撮るにはどうすればよいのでしょう?

b0182056_13214222.jpg

光に透けて輝く葉が奇麗だなぁと思って何枚も撮るけれど
どれも、ちゃんとは撮れてるけど、輝き感が無くなってる


b0182056_1321479.jpg

b0182056_13215026.jpg

日差しが強いから花びらが透けてそれが奇麗だけど
日差しが強い分パキっとした絵になる
白飛びするし、赤も飽和してるし、
[PR]

by qramo10 | 2010-11-23 13:22 | その他
2010年 11月 22日
決して、
おまけにつられたわけじゃないのよ。

フィンランドを巡る旅の記事が読みたかったし、
好きなショップの洋服も載ってたからね

b0182056_2341183.jpg

b0182056_2341420.jpg


リバーシブルでね、
裏地はムーミンなんだよ。

と、奥さま


ふ〜ん
[PR]

by qramo10 | 2010-11-22 23:06 | その他
2010年 11月 21日
MFとファインダーにこだわる理由 (AFへの過信とピントがズレるケース)
AF(オートフォーカス)でピント合わせたつもりなのになんだかボケてることが時々あります。
三脚を使ったし、他の部分でブレてない箇所があるので手ぶれでなくて、
ピントを合わせた位置が意図したところに合っていないケースの話です


真ん中の花のところにピントを合わせたのに、なんだかぼけてます
b0182056_21101389.jpg


↓フォーカスポイントはこの花に合わせたつもり
b0182056_2110161.jpg


↓真ん中を花を拡大してみると、後ろの花びらにピントが合っている!
b0182056_21101886.jpg




AFで写真を撮るとき、
 ファインダー覗いて、
 フォーカスポイント(口のマーク)をピントを合わせたいところへ移動して、
 パチリ
とします

AF(オートフォーカス)が当たり前で、口のマークを合わせればそこにピントがあうものだと思っているので(そういう世代というか、カメラとはそんなもんだと思ってきたというか)、この動作でちゃんと写真が撮れると信じているのです。

この信じてしまっていること = からだが自然にそう動くこと

が問題なんですね


口のマークをピントを合わせたいところにきっちり合わせられなくて、だいたいこの辺となる時もあれば、
口のマークの範囲の中でに前と後ろにモノがあって、ピントがどっちに合うのかカメラ任せなと時もあります

撮った本人は、自分の意図したところにピントを合わせたつもりでいて、
カメラがそこにジャストミートしてくれるもんだと思ってしまいがちです

でも本当は、ピントのあっている部分は、
カメラから見ると、1枚の面のような感じで、しかもその面の厚さは本当に薄く、数センチ場合によっては数ミリでもずれるとピンぼけになること、、、

写真にはまって、シャープな写真を求めて単焦点レンズを買いそろえてみたり、パソコンで写真をじっくり見たり、カメラの本や雑誌を買いあさったりしている内に、なんとなく理解したつもりでも、上の写真のような失敗を未だに繰り返してしまうのです。


ピントがちゃんと分かる見やすいファインダーとMF(マニュアルフォーカス)ができるカメラが欲しいと、思い続ける理由がこれなんですね
[PR]

by qramo10 | 2010-11-21 21:13 | その他
2010年 11月 20日
旬じゃなくて、しゅん (x_x;)
 TV番組(ガイアの夜明けだったかな)で「おいしっくす」に興味をもってネットで野菜をかったのは3〜4年前、初めて取り寄せた野菜詰め合わせに入っていた「インカの目覚め」というちいさなお芋に感動して依頼、時々注文してます。

 今回取り寄せたのは「旬の野菜のギフトセットA」

 きゅうりとにんじんがちょっとしなびた感じでちょっと残念
 旬じゃなくて、しゅん (x_x;) でした

b0182056_165697.jpg

b0182056_1656655.jpg

b0182056_1656288.jpg

(レモンは近所のスーパーで買ったもの、ビニールのふたがしまらないように重し)



 写真も思ったようには撮れなくて、しゅん (x_x;)
[PR]

by qramo10 | 2010-11-20 17:01 | その他
2010年 11月 19日
ないしょのはなし
おでこの感じがそっくりなんです
でも、顔全体が似ているわけではないのです

b0182056_12281338.jpg
D700+55mm f2.8


ちょっと前、朝ご飯を食べているときに気がついて
いつか撮っておこうと思ってました
[PR]

by qramo10 | 2010-11-19 12:30 | その他
2010年 11月 14日
桜の紅葉
子供の頃は紅葉は葉が枯れているだけだと思い全く興味をもってませんでした
紅葉の美しさを知ったのは30代も終わりの頃だったかな
子供の頃に美しい紅葉をみる機会がなかったせいなのか、
はたまた紅葉の美しさは年齢を重ねて初めて気づくものなのか、
もっと早く気づけばよかったと惜しむ気持ちと、
若い頃はどのみち分からなかったよと開き直る気持ちが、半々です。

自宅の周りの桜の紅葉、今週末で見納めのようでした
買い物を終えた午後、カメラをもってパチリパチリ


E-P1 + macro 45mm f2.8

撮った後で道路脇のゴミ(ビニール袋)発見、残念
b0182056_1839386.jpg

b0182056_1839022.jpg

b0182056_18385641.jpg




[PR]

by qramo10 | 2010-11-14 18:54 | その他
2010年 11月 13日
weekend photo syndrome
週末なんだか写真を撮りたくて仕方ない症候群
今の症状はそんな感じです

週末になると
・写真を撮らないと落ち着かない
・カメラもしくはレンズを手にしないと落ち着かない
・何か撮影できそうなところに出かけられないとストレスを感じる
・写真を撮ったらすぐブログにアップしないと落ち着かない
などなど

こうして並べてみると、立派な依存症になってますね

b0182056_1455164.jpg

b0182056_1455485.jpg

b0182056_1455687.jpg




今日は奥さんの退院日です
これで、抗がん剤治療あと2回、ぎりぎり年内に終わりそう。

今年のことは年内で区切りをつけて、新年から心機一転となりますように。
[PR]

by qramo10 | 2010-11-13 15:12 | その他
2010年 11月 11日
たまには広角で 〜Ai AF Nikkor 20mm F2.8D〜
本日、仕事は代休
用事を済ませたあと新国立美術館のゴッホ展へ

ゴッホが絵に専念したのが27才、自殺するのが37才、活動期間はわずか10年。
画家になった当初は独学で技法の勉強をしていたとのことで、いわゆるゴッホの絵の創作はわずか数年のこと。

自画像とか絵をみた印象よりも、このことと、入場料半額ぐらいにならんのかと、思う。


新美術館を撮るなら広角レンズがよさそうな気がして 20mm f2.8d を持っていきました。

D80やD300のようなDX(APS-C)サイズのカメラで30mm換算で使っていたときには、なんとなく苦手な画角だったのですが、D700でそれより広い20mmのままの画角が、魚眼まではいかないけれど普通じゃない世界をのぞいているようで、素直に楽しめたのが、ちょっとした発見。


まず50mmと20mmのだいたいの比較
撮ってるときは、後で比較のサンプルにしようなんて思ってないので、、、だいたい
b0182056_20353113.jpg

b0182056_2035353.jpg


これ以降は20mm
かなりの広角レンズなのでぐにょ〜んと曲がるのですが、
レンズの中心と構図の中心をあわせるとぐにょ〜ん感が少なくなるようです
b0182056_2035385.jpg

b0182056_20355348.jpg

b0182056_2035499.jpg

b0182056_2035474.jpg

b0182056_20354361.jpg


撮ってるときは楽しかったけど
blogで見直しすと「そこにある景色を20mmで撮りました」写真ですね

その昔は、見た物をちゃんと奇麗に撮りたいと思ってて、奇麗に撮れればうれしかったのに、最近は小生意気になってきて、なにか雰囲気というか余韻のようなものが感じられないと、つまらない。

困ったものです。





今日は、奥さんの6回目の抗がん剤治療入院の日でした
毎回白血球が少なくて予定より1週間遅れての入院なので、まあ予定通り(今回は先週が予定日でした)なのです、今回はちょっと新しい発見。

今回、点滴の調合が変わりました。

「白血球が少なくなりすぎているので白血球を少なくする薬の分量を減らしました」と薬剤師さん。

抗がん剤治療を受けるからには、白血球は少なくなるものだと思い込んでいたので、そんなことできるのか?と驚きました。

辛いと感じることは我慢せずに聞いてみないといけませんね。
なんでもかんでも聞きゃいいってもんじゃないでしょうが、
聞いてみる勇気がもうちょっと必要なんだと思いました。
[PR]

by qramo10 | 2010-11-11 21:23 | 東京散歩