<   2013年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2013年 01月 31日
その先へ
昨日一昨日と、いい記事を読んだ感動した、素晴らしい若者がいる日本の将来も安心だ、と思ったわけですが、、、

素晴らしい若者がいることに安心するのでなく、若者はみな駒崎さんのようになれること信じ応援できるおじさんにならないといけませんね。

(自分も応援者→傍観者にならないよう、いつまでも当事者意識を失わないようにしないとね)


早いもので1月も最終日、2月につながる今日1日となりますように。

b0182056_16233538.jpg

横浜:日産本社ギャラリー

[PR]

by qramo10 | 2013-01-31 00:05 | 横浜散歩(横須賀も)
2013年 01月 30日
半径5メートルから
「フローレンス(HPはこちら)」の駒崎さんのインタビュー記事の続きです

「自分の半径5メートルをよくしてくことじゃないでしょうか」

「日本はどうせダメになるよ。ほらダメになった」って自己暗示をかけている。「どんなに日本がダメだって、俺の周りはこんなに幸せだよ」って示していけばペシミズムを打破できる。そのポイントが半径5メートルにある。


小さな一歩だけど熱意を伝えることができるし、そしてその半径5メートルはみんなが持っているということですね。

身近なところから始めたので期日までにノルマを達成できませんでしたと言える立場/年齢ではないけれど、悲観してあきらめて期日を向かえ、不達成の理由を人や環境のせいにしようと、言い訳の種を蒔きながら仕事や生活をしている自分の姿が、チラリと見えてしまいました。

言い訳考えたり、反省したりする暇があったら、1ミリでも前へ進むことにそのエネルギーを使わないとね


b0182056_15433247.jpg

横浜:日産本社ギャラリー

[PR]

by qramo10 | 2013-01-30 00:05 | 横浜散歩(横須賀も)
2013年 01月 29日
未来は足下から
病児保育の認定NPO法人「フローレンス(HPはこちら)」の駒崎さんのインタビュー記事を拝見しました

"日本は沈みゆく船だ"なんて高説をたれている間に、バケツ持って足下の水を外に出そう

大切なのは自分がその当事者であることを意識すること


昭和30年代生まれの僕は、未来という言葉から、無条件に明るくて幸せな21世紀を想像します。でも現実の21世紀は社会のいろんなところに行き詰まり感があり、未来という言葉の輝きが薄れてしまったように感じていました。

そうですね、自分でバケツもたないとね。

b0182056_15182829.jpg

横浜:日産本社ギャラリー

[PR]

by qramo10 | 2013-01-29 00:05 | 横浜散歩(横須賀も)
2013年 01月 28日
働らこうじゃないの
「あっインフルじゃないからね」

週末、急な発熱があり医者に行きました

7度5分くらい

動けないわけじゃないけど、ふらつき感と倦怠感あり
一晩寝て一旦は下がったけれど午後からぶり返したので
休日診療に行ったのです

診察室に入る前
 「熱ないけどインフル検査します?」
(看護士さんの冷たい視線にまけずお願いしましたよ)

診察室に入るなり
(こんな程度の熱で来やがってオーラ全開のお医者さん)
 「熱ない、のども膿んでない、総合感冒薬だしとくから」
 この後に、最初に書いた一言もらいました


仰せの通り

熱がなんじゃい!
今日からまた元気に働きましょう

b0182056_2047036.jpg

横浜:日産本社ギャラリー


この日の治療費約3,000円
露骨に邪険に扱われてこの値段
もっと強くなれとの励ましの
苦い代金と理解しましょう
[PR]

by qramo10 | 2013-01-28 00:05 | 横浜散歩(横須賀も)
2013年 01月 27日
A new life begins from today.
我が家のトイレの扉にかけてあるカレンダーの1月の言葉です
朝、背筋を伸ばしてうんちするとき目に入ってきます

おぉこれから新しい何かが始まるんだねぇ

爽快な気持ちでトイレを後にするのです

b0182056_2031527.jpg

横浜:日産本社ギャラリー

[PR]

by qramo10 | 2013-01-27 00:05 | 横浜散歩(横須賀も)
2013年 01月 26日
どこまでいっても明日はある
奥さんが見ているTV番組で
フランスから日本に一人来てガンバている女性の一言

そうだよねぇ、どこまで行っても明日はあるねぇと
夫婦して、なんだか明るい気持ちになりました

今がどうだというのに縛られるのでなく
今、明日への種をまこうとする気持ちが大切ですよね



番組でその女性は、メロディを付けて、さらに最後に「ヘイ!」ってつけてて、
この人が明るく前向きに頑張ってることストレートに伝わりました

「どこまでいっても明日はある ヘイ!」

b0182056_10144155.jpg

横浜:日産本社ギャラリー

[PR]

by qramo10 | 2013-01-26 10:24 | 横浜散歩(横須賀も)
2013年 01月 25日
のほうが普通なら
楽しい英和辞典シリーズ

of [前] ・・・の、・・・に属する

the leg of a table テーブルの脚
(a table leg のほうが普通)

a table leg のほうが普通なら、わざわざ一番始めの例文に the leg of table をもってこんでもよか、「なんとか of かんとか」なんて例文ほかに山ほどあるばってんが

ねえ

b0182056_072194.jpg

横浜:日産本社ギャラリー


余談
 "ばってん"は、but then なんだと聞いたことがあります
 「ばってんそうは言うてもねぇ」ほんなこつ?
[PR]

by qramo10 | 2013-01-25 00:22 | 英和辞典ネタ
2013年 01月 24日
いる/いらない?
英語辞典の気になる例文シリーズ

everybody [代] [単数扱い] だれもみな

Everybody says it's a great movie,
but i didn't like it all that much.
みんながすばらしい映画だと言っているが、
私はそれほど気に入らなかった

「だれもがみなその映画を素晴らしいと言った」
という例文じゃいけないのだろうか?
「でも私は」とつながることに意味がある?

単純な私は2行目はいらん、と思うのです
どうしてもいるなら逆(皆は嫌いでも私は好きだ)がいいなぁ

b0182056_22122953.jpg

[PR]

by qramo10 | 2013-01-24 00:05 | 英和辞典ネタ
2013年 01月 23日
hope
暗い気持ちになる例文の英和辞典ネタその2です(1回目はこちら

今回は hope

↓これが最初の例文
a glimmer[ray] of hope
かすかな[一筋の]光のような希望/見込み、一縷望み

↓そしてこれば最後の例文
He is the hope of the family[nation].
彼は一家[国家]の希望の星である。

微妙なところですが、
しょっぱなに「一縷の望み」ってのはないよねぇ
(辞書の主な利用者の)中学生/高校生は一家の国家の希望は、本当にその通り
これが一番最初でいいじゃない

むむ、、、


英和辞典ネタ、シリーズ化してみようと思います

b0182056_21372742.jpg

自由が丘

[PR]

by qramo10 | 2013-01-23 00:05 | 英和辞典ネタ
2013年 01月 22日
I can do it.
Yamaha 英語教室 の宣伝です

今がどうだとか、
周りがどうだとか、
いろいろありますが

まずは自分が一歩前へでる勇気
I can do it !
ですね

b0182056_19411051.jpg

自由が丘

[PR]

by qramo10 | 2013-01-22 00:05 | 東京散歩